<< 青空と綿雲のクマ     豆本のご紹介 >>